知らないと損するピルのこと   >   アメリカでの購入方法

アメリカでの購入方法

afterpill_usa

最近、アメリカのある大学で緊急避妊薬(アフターピル)を他の避妊具と併せて自動販売機での販売するようになったというニュースがありました。
もともとその大学のキャンパス内にある健康センターでは緊急避妊薬や妊娠検査薬が販売されていますが、夜間や休日は開いていないため、いつでも購入できるように自動販売機を設置したのだそうです。

アメリカでは10代や20代前半の妊娠が多く、学生が妊娠して学業を諦めざるを得ない状況になることが多いため、そのような事態を防ぐための取り組みのようです。
世間からは安易なセックスを助長させることになるという批判の声が上がっていますが、学生の間では意外とポジティブな意見が上がっています。

アメリカでは15歳以上は処方箋なしで購入できる

アメリカでは近年アフターピルに関する動きが加速しており、いままでは誰でもアフターピルを購入するのに処方箋が必要だったのですが、15歳以上なら処方箋なしで薬局で買えるようになったのです。

学生だけでなく多くの若者が望まない妊娠をしてしまい、シングルマザーになったり貧困に陥るケースが多いアメリカでは、避妊に失敗した後でも事後避妊が可能な緊急避妊薬をもっと入手しやすい環境にしようという取り組みが行われてきました。

まだまだ遅れている日本

日本はどうでしょうか。
他の先進国は処方箋なしでピルが手に入るところが多いのですが、日本はいまだに処方箋がないとピルを購入することはできません。
よって、ピルが必要になった際には病院にいって診察を受ける必要があるのです。

病院が近くになかったり、しまっている場合、ピルを手に入れることができずに妊娠してしまうかもしれません。
日本も外国と同じように、ピルが手に入りやすい環境を整える必要があるでしょう。

ただし、日本でもピルの通販サイトを利用して海外から取り寄せることは可能です。