知らないと損するピルのこと   >   生理日を調整できる

生理日を調整できる

period_adjust

レジャーや旅行の予定を立てるのに生理の日が被ってしまってはせっかくのイベントも満喫できません。
スケジュールを立てるのに生理の日を気にする女性は意外と多いのですが、実は低用量ピルを生理の日が調整できることをご存知でしょうか。

生理を早める方法と遅らせる方法をそれぞれご紹介します。

低用量ピルで生理を早める方法

低用量ピルで生理を早める方法は、低用量ピルを生理5日目に服用開始し、2週間飲み続けます。そうすると服用を止めてから2〜5日後程度で次の生理が開始します。

例)生理28日周期

5月1日〜7日まで1週間海外旅行の予定を立てる。
4月1日〜7日まで生理だったので、5日目の4月5日から低用量ピルの服用開始。
すると次は5月20日〜26日の間に生理が来る。

低用量ピルで生理を遅らせる方法

生理を遅らせたい場合は、生理予定日の1週間前に低用量ピルの服用を開始し、生理を遅らせたい日まで飲み続けます。

生理の日を調節することで不都合は起きる?

低用量ピルを使用して生理の日を人工的にずらすことで、身体に何かしらの悪影響を起こすという心配はありません。
逆にメリットの方が多く期待でき、PMSの改善や生理痛の軽減、肌が綺麗になるなどの効果も得られるのです。低用量ピルは避妊効果以外にも様々な効果をもたらしてくれるため、女性にはとてもありがたいお薬なのです。

生理を調整するのにおすすめの低用量ピル

生理の日をずらすのに最適だと言われている低用量ピルは、マーベロンです。
マーベロンは高い避妊効果を持ち、さらに月経困難症を改善する効果もあります。
マーベロンは口コミでも大好評で副作用も少ないと言われているので、安心して服用できるでしょう。

マーベロンは通販サイトで購入するのがお得です。
もちろん、トリキュラーなど他の低用量ピルでも生理の日をずらすことは十分に可能なので、自分の希望にマッチした低用量ピルを購入してください。