知らないと損するピルのこと   >   生理痛がひどい女性に

生理痛がひどい女性に

period_pain

低用量ピルと聞くと、避妊目的で飲むお薬と理解している方は多いでしょう。
確かに、低用量ピルの主な目的は妊娠を回避することにあるのですが、その他にも生理日を調整したり美容効果を期待するときにも低用量ピルが使用されます。

メリットの多い低用量ピルには、実は生理痛を緩和する効果もあることをご存じでしょうか。
生理痛がひどくて毎月の生理が憂鬱な方は、ぜひ低用量ピルの服用を検討してみてください。

生理痛が起こる要因

生理痛には個人差があり、まったく痛みを感じない方もいれば歩けないほどの痛みを感じる方もいます。
生理痛をひどくする要因は何なのでしょうか。

プロスタグランジン

生理中は、プロスタグランジンと呼ばれる物質が分泌されるのですが、これが剥がれおちた子宮内膜を血液として体外に排出させる役割を果たしています。

しかし、プロスタグランジンの分泌量が多すぎると、子宮の収縮が激しくなって酷い生理痛をひき起こすのです。

身体の冷え

女性は筋肉量が少ないために、身体が冷えやすいのですが、身体が冷えてしまうと血液の循環が悪くなります。
そうなると、プロスタグランジンが骨盤内に溜まってしまい、結果生理痛がひどくなるのです。

ストレス

精神的なストレスを抱えていると、自律神経やホルモンのバランスが崩れて血行が悪くなり、痛みを感じやすくなってしまいます。

低用量ピルでプロスタグランジンの量が減らせる

生理痛の主な原因はプロスタグランジンという物質にあるのですが、低用量ピルを飲むことでプロスタグランジンの分泌量を抑えることができるのです。

低用量ピルには、子宮内膜の増殖を抑えるはたらきがあります。
子宮内膜が増殖すればするほど、プロスタグランジンの分泌量が増え、痛みも強くなってしまいます。
よって、子宮内膜の増殖を抑えることが、生理痛の軽減につながるのです。

生理痛がひどくて日常生活に支障が出ている方や生理中でも快適に過ごしたいという方は、低用量ピルで痛みを軽減してみてはいかがでしょうか。